インターナショナルSOSは高品質な医療とトラベルセキュリティのアシスタンスサービスを提供いたします。

ワークフォース・レジリエンスのサービス

「ワークフォース・レジリエンス」

世界中のすべての従業員の健康と安全を守るために

自然災害、感染症、テロや暴動など、様々な予測困難なリスクが発生する中、グローバル事業をしなやかに強く進めていくためには全ての従業員を安全に管理する必要があります。

インターナショナルSOS は、勤務地を問わず、すべての従業員が様々な脅威に対し、安心して前向きに職務を遂行できるよう、健康と安全面において柔軟にサポートします。

従業員が心身ともに健康でかつ安全に働ける環境を提供することで、組織の安全配慮義務の実現や生産性向上、持続可能な事業の実現につなげることができます。

「ワークフォース・レジリエンス」は、世界中の従業員の健康と安全をサポートし、組織の持続可能な事業の実現を助けるためのソリューションです。世界中の従業員が、様々な変化に対応できるよう、事前準備( PREPARE )のお手伝いをし、トラブル発生の予防 PREVENT )に寄与し、有事の際には支援( SUPPORT )をご提供いたします。

世界中のすべての従業員の健康と安全を守り、持続可能な事業の実現が可能に

インターナショナルSOS のサービスをご利用いただくことで、以下の事項が実現可能になります。

  1. 健康と安全に関する脅威の分析や軽減および管理能力の向上
  2. 有事の際の管理者の意思決定プロセスの迅速化
  3. オフィスやテレワーク等、様々な場所で働く従業員の生産性の向上
  4. 遠隔地等の現場における病気やケガ、事故などによる不稼働率の減少
  5. 全世界の従業員に及ぼす健康と安全に関するリスクの軽減

「ワークフォース・レジリエンス」は「ISO31030:2021 - 組織向けの渡航リスク管理の指針」の運用を効果的・効率的に実現するためのソリューションです。

新しい国際規格「ISO31030:2021」では、組織における渡航リスク管理において、以下の指針が明記されています。

  1. 事業活動の背景、リスク許容度、リスク基準への理解
    リスクレベルの明確化と理解、リスク評価の定期的な更新
  2. 渡航リスク管理プロセス
    リスクレベルの明確化と理解、リスク評価の定期的な更新、外部専門機関の管理、最新の渡航先情報の伝達、渡航リスクへの教育
  3. 渡航者の管理
    渡航前&渡航中のリスク情報の伝達、コンプライアンス対応、渡航リスクへの教育、緊急時の連絡手段の確立
  4. 記録と報告
    リスクレベルの明確化と理解、渡航前&渡航中のリスク情報の伝達、渡航の可視化、現地状況のフォロー

「ワークフォース・レジリエンス」のサービスは、組織が「ISO31030:2021」を遵守し、効果的・効率的に渡航者のリスク・マネジメントを行うことをサポートすることができるソリューションです。

「ISO31030:2021」の作成においては、長年にわたる実務経験や専門知識に基づき、弊社の医師およびセキュリティ専門家が、国際標準化機構(ISO)に対してアドバイス並びにサポートを提供しました。弊社では、「ISO31030:2021」に基づき渡航リスク管理を始めたい、もしくは再構築したい組織に対しても最適なご提案をすることが可能です。

「ISO31030:2021」の目的、メリット、セミナー動画など詳細をこちらに掲載させていただいておりますのでぜひご確認ください。

 

世界中で健康やセキュリティ面での脅威が複雑化する中、組織は同時に発生する複数の脅威に対処するための十分な準備が必要です。ワークフォース・レジリエンスの動画では、私たちがどのようにクライアントの従業員の方を支援し、健康やセキュリティ面でのニーズをあらゆる段階でサポートする様子をご覧いただけます。

「ワークフォース・レジリエンス」のサービス

アシスタンスサービス(24時間365日):医療

世界27ヵ所のアシスタンスセンターをシームレスに連携し、医師、看護師など医療のスペシャリストチームが迅速なサポートを提供しています。

アシスタンスサービス(24時間365日):セキュリティ

セキュリティ専門家が様々な経験と知識を生かし海外勤務中・渡航中の従業員の皆様の安全をサポートしています。

コンサルティング:医療

会員企業のスタッフや従業員向けの医療トレーニングやコンサルティング、僻遠地への医療スタッフ派遣など、さまざまなメディカルコンサルティングの提供が可能です。

コンサルティング:セキュリティ

管理者向けの緊急対応ワークショップや従業員向けの海外安全対策セミナー、組織の海外安全対策マニュアル策定支援、退避計画などのセキュリティコンサルティングの提供が可能です。

インテリジェンス&モニタリング

渡航中の従業員のみなさまを適時モニタリングし、緊急時の安全確認とコミュニケーションをサポートするツールなど、オンラインソリューションを提供しています。

インフォメーション&アドバイザリー

管理者向けに、医師およびセキュリティ専門家による健康と安全についてのアドバイスやサポート、コンサルティング、インターナショナル SOS の独自のネットワークで取得した各国の健康と安全に関する様々な情報を提供しています。

トレーニング:e ラーニング

海外勤務予定者や出張予定者は、赴任前の安全対策トレーニングとして活用できます。

会員専用サイト

渡航先の一般的なアドバイスや、現地の医療情報から最新のセキュリティ情報まで、オンライン上で24時間アクセス可能です。

以下のような課題はございませんか? ぜひ、私たちへご相談ください。

いつでもどこでも、医療とセキュリティの専門家、ロジスティクス専門家が、グローバルネットワークでサポートいたします。

*弊社会員のお客様でアシスタンスサービス(医療相談、渡航先の医療情報、安全情報など)をご希望の場合には、以下電話番号へご連絡をお願いします。

東京アシスタンスセンター(24時間365日対応)
03-3560-7170(日本から)
+81-3-3560-7170(海外から)

サービスの詳細や費用についてのお問い合わせはこちらから
  • ・刻々と変化する状況下において、各国の最新かつ正確な医療とセキュリティ情報を取得することが難しい
  • ・本社側が、海外で働く従業員のサポートを24 時間 365 日体制で対応することが難しい
  • ・各事業所やサイトにおいて、医療の専門家の知見を踏まえた感染症対策ができていない
  • ・海外赴任者や出張者とのコミュニケーションにおいて、組織内でシステム化されていないため、正しい情報をタイムリーに提供することが難しい
  • ・従業員のメンタルヘルスサポートへの対応が遅れている
  • ・医療搬送や緊急退避における知識や手段がなく、有事の際に迅速に対応ができない
  • ・従業員が、海外生活において留意すべき健康と安全に関するトピックを学ぶことができる教育ツールを導入したいが、何がよいのかわからない
  • ・既存の出張再開時におけるガイドラインや危機管理体制などが、平時のみならず、有事の際に正しく機能するかわからない

ワークフォース・
レジリエンスのサービス

Blog on Duty of Care ~ 海外における企業の安全配慮義務ブログ ~ Duty of Careとは? Blog on Duty of Care Travel Risk Map 2016 国別の医療リスクと渡航リスクを評価した世界地図 日本語が通じるクリニック 中国 インドネシア カンボジア ベトナム ミャンマー