インターナショナルSOSは高品質な医療とトラベルセキュリティのアシスタンスサービスを提供いたします。

ケーススタディ

HOME > ケーススタディ > COVID-19陽性患者の医療搬送:カメルーン

COVID-19陽性患者の医療搬送:カメルーン

COVID-19陽性患者の医療搬送:カメルーン

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染が拡大する中、カメルーンに駐在中のフィリピン国籍の女性がCOVID-19陽性を示したことから、フィリピンへの国外医療搬送をサポートしました。

提供サービス:医療搬送
ロケーション:カメルーン

COVID-19陽性患者からの医療搬送要請

カメルーンに駐在中の70歳のフィリピン国籍の女性がCOVID-19陽性を示し、同じくカメルーンに駐在していた夫がCOVID-19 が要因で亡くなったこともあり、これ以上の病状悪化を防ぐために、当該患者のマニラへの帰国搬送を支援する要請を家族と勤務先の企業から受けました。COVID-19陽性者ということもあり、フィリピンへの入国許可を取得できるかどうかが大きな課題でした。

医療専用機および受け入れ病院の確保

インターナショナルSOSマニラオフィスでは、フィリピン外務省や検疫局、フィリピン民間航空局などの政府機関と協議を行い、マニラへの医療専用機の着陸許可および入国許可の取得を行いました。また、当社の医師が、マニラにある受け入れ病院のベッドの確保や担当医師とのブリーフィングを実施しました。


隔離ユニットでの国外搬送を実現

隔離ユニットで搬送したことで適切な治療を提供することができ、患者は無事に本国への帰国を果たし、結果的に快方に向かうことができました。

Blog on Duty of Care ~ 海外における企業の安全配慮義務ブログ ~ Duty of Careとは? Blog on Duty of Care Travel Risk Map 2018 国別の医療リスクと渡航リスクを評価した世界地図 日本語が通じるクリニック 中国 インドネシア カンボジア ベトナム ミャンマー