インターナショナルSOSは高品質な医療とトラベルセキュリティのアシスタンスサービスを提供いたします。

採用情報
HOME > 採用情報 > 社員の声

社員の声

医師(メディカルダイレクター)

医師(コーディネーティングドクター『医療後進地域と先進国のいのちを繋ぐ架け橋として、世界を飛び回っています』

救急、麻酔、集中治療の専門医として首都圏の総合病院に勤務後、沖縄県ドクターヘリのフライトドクターとして、2011年から救急医療、総合診療に従事しました。

経験を活かすため、2014年からは東南アジア屈指の医療ハブであるシンガポールに移住し、インターナショナルSOS本社にて医療搬送、メディカルアドバイザー業務および在外邦人の健康相談に携わりました。2016年日本に戻り医療部の責任者として業務に就いています。

“To Treat Patient at the RIGHT TIME, at the RIGHT PLACE and by the RIGHT TEAM”を常に考え、医療後進地域と先進国のいのちを繋ぐ架け橋として、オフィスだけではなく、フライトドクターとしても世界を飛び回っております。

世界を舞台に活躍したいという希望をお持ちの方には、ぜひご応募いただきたいと思います。

 

(コートジボアール病院の前でスタッフと一緒)
(シンガポールオフィスにて搬送対応を協議している様子)
(シンガポールで年に1回行われる社員への感謝パーティーにて)
(専用機の前でフライトスタッフとともに)

医師(シニア コーディネーティングドクター)

医師(コーディネーティングドクター)発展途上国における医療支援活動で痛感した「医療アシスタンス」の重要性。

「発展途上国で急病になった時には、医学的に必要ならば先進国まで緊急医療専用機で運んでくれる会社があるんだよ」-

その時の同僚であったハンガリー人医師から聞いたこの言葉が、インターナショナルSOSを知るきっかけだったと記憶しております。当時、産婦人科臨床医として都内の病院に勤務しておりましたが、元来「発展途上国で医療を受けられない人たちに少しでも貢献したい」という思いがあり、数ヶ月単位で国際医療支援活動チームの一員としてアジア・アフリカ諸国に渡り支援活動に従事していました。発展途上国での勤務においては自らとチームメンバーの健康管理も重要な課題であり、前述の言葉はチーム内での何気ない会話で出てきたものでした。確かに日本出発前には毎回「派遣先で重篤な疾患になった場合の電話連絡先」が書かれたカードが手渡されました。幸運にもそれを使用することはありませんでしたが、今思えばそれがまさにインターナショナルSOSが提供する医療アシスタンスの窓口でした。

臨床医時代と変わらない「喜び」や「やりがい」を感じています。

縁あって現在は、インターナショナルSOSジャパンのコーディネイティングドクター(以下CDと略)として医療アシスタンスを提供する立場の業務に従事 しております(勤務地は同シンガポール事務所)。我々CDは臨床現場におられるドクターとはちがい、直接患者さんの「手当て」をすることはできませんが、弊社海外事務所のCDと協力しながら患者さんの現状を把握し、事務部門のスタッフとスクラムを組んで、医学的に最善の選択肢を御提案し実現に向けてお手伝いすることが使命です。患者さん・御家族の方・主治医の先生等キーパーソンと話し合いを重ねながら、弊社としての御案内をまとめていく過程は、臨床医時代には体験したことのなかった複雑さが存在します。しかし、患者さんが回復された時に感じる安堵感や、患者さんや御家族の方から頂くねぎらいの言葉の温かさは、臨床医時代と全く変わらぬ喜びとして感じております。

これからも、世界中の専門スタッフと協力し合い「病める人の支え」となりたい。

「ボーダレス」「グローバル」といった言葉で表される現代。より多くの邦人が海外で活躍され、日本で暮らす外国人の方も確実に増加しております。一方、異国の地で疾患・事故に見舞われた時の不安感の大きさはいつの時代も変わることがないでしょう。これからも医師として、その不安感を少しでも軽減させ回復に向かって頂けるようなお手伝いができるように、世界の同僚達と力を合わせて行きたいと考えております。社名のごとく、インターナショナルSOSのネットワークは世界各地に広がっており、求められている医師像も様々です。弊社クリニックで最前線に立つ臨床医から事務所に勤務するCDまでまさに多種多様で個 性的な経歴が光る仲間が豊富なことが魅力ですが、「病める人の支えとなる」という医師としての基本的な使命は世界各国肩書きを越えて共通しています。ひとりでも多くの先生方とインターナショナルSOSメディカルチームの一員として働けることを楽しみにしております。

医師(コーディネーティングドクター)

医師(コーディネーティングドクター『アシスタンス会社で医師として働くということ』

2005年に、海外でのボランティア活動に参加するため、それまで勤めていた病院を辞めました。

ボランティアから帰ってきた際に自分の探した職場の条件は、

1.国際的な視野で仕事ができること、
2.活気ある職場であること、
3.ボランティア活動に理解があること、
でした。

そんな条件に、インターナショナルSOSはぴったりと合致しました。旅行中あるいは駐在中に不幸にも病気にかかるというのは、決して珍しい出来事ではありません。海外で病気になった方が、どうしてよいかわからずに困っているときに、私たちは患者さん(あるいは、関係者の方)にアドバイスをさせていただきます。

一方、入院先の担当医と連絡をとり、医療情報を入手したうえで、よりよい医療施設のある地域まで搬送することが望ましいと判断した場合には、患者さんの同 意を得た上で搬送を実施します。こうして患者さんが、海外で治療をうけて回復していく様子を聞いたとき、あるいは、病気を抱えた状態ながら医師あるいは看 護師が付き添って無事に帰国したとき、このような時に、海外センターのスタッフと安堵と喜びの気持ちをわかちあうことができます。

われわれの業務は目立つ仕事ではありませんが、Globalizationが進化するこの時代、世界中で活躍する人々をサポートするという重要な使命を担っています。

(コートジボアール病院の前でスタッフと一緒)
(コートジボアール病院の前でスタッフと一緒)
(シンガポールで年に1回行われる社員への感謝パーティーにて)
(シンガポールで年に1回行われる社員への感謝パーティーにて)

ビジネスデベロップメントマネージャー

船内看護師(シップナース)ビジネスモデルとセールスのレスポンシビリティ

現職について3年が経ちました。 前職でも緊急対応を主務とする企業で勤務していましたがインターナショナルSOSに魅かれたのはグローバル展開、24時間365日稼動のアシスタンスセンターそして年会費制による顧客との長期的関係の醸成を重要視するビジネスモデルでした。

セールス担当の主務は海外展開をしている既存顧客との年間契約更新、新規製品の提案と新規顧客の開拓です。お客様は日本企業なので通常の活動では日本語ですが、海外展開中の企業が対象ということで、海外の自社の営業担当者と連携して、現地サイドと日本本社サイドの両方に営業を実施する場合は英語でのコミュニケーション能力も必要になってきます。また、社内文書は基本英語ですので国内営業時とのON/OFFは慣れるまで大変です。

様々な産業のお客様にサービスを提供しています。

営業担当は産業別に分かれており、私は重工業、鉄鋼、エネルギー関連のお客様を担当しています。常日頃お客様のビジネスに対してアンテナを張り、ニーズを聞き出しながら必要な製品を提案していくソリューション営業です。

欧米と比べてアシスタンスサービス自体の認知度が日本ではまだ低く『SOSさんって飛行機を飛ばして医療搬送する会社ですよね?』と聞かれることも多いのですが、現在会社が目指していることは「事前予防」。何か事がおこる前に電話で医師や危機管理の専門家が相談とアドバイスを行い、情報提供をさせて頂いているわけですが、お客様はサービスの利用方法についての習熟が肝要であり、利用方法についてユーザーを対象にセミナーを開催することも多々あります。

そういう意味では新規契約の成立はもちろん嬉しいのですが、有効に弊社サービスをご利用いただくエンドユーザーが増えるのも等しく嬉しいですね。

船内看護師(シップナース)

船内看護師(シップナース)船内看護師として調査船内で勤務しています。多国籍の乗組員皆様に対し、傷病応急処置はもちろん、健康管理や応急処置訓練の実施、船内衛生管理業務などを行っています。

船内に他の医療スタッフはおらず1人で勤務していますが、インターナショナルSOSの陸上スタッフと常に連絡のとれる体制があり、24時間医師に相談を求 めることが可能な医療サポート、そしてRemote site専用の業務サポートがあることがとても心強いと感じています。また、船の乗組員の皆様もとても協力的で友好的なため、大海原での生活もなかなか快適です。

救急隊のようなPre Hospital CareからER処置などという緊急かつ高度な医療経験と技術を問われる場面もある一方、産業看護師・保健師といった職場の衛生管理と予防医療を船舶/海 上という特殊な環境で行うため、日々勉強ではありますが、その分やりがいは大きいです。

多くは軽い傷病の対応ですが、「いてくれるだけで、安心できる」と毎回言って頂けるのが本当に嬉しいと感じています。その「安心」を医療設備の整っていない世界の様々な場所にお届けし、より良い仕事、より良い生活を送る手助けをする「ボーダレスな会社」で働くことは、前例のないことが多く大変ではありますが、挑戦しがいがあると思います。

インターナショナルSOSスタッフと
インターナショナルSOSスタッフと
応急処置訓練の様子
応急処置訓練の様子

アシスタンスマネージャー

アシスタンスマネージャー医療アシスタントコーディネーターの役割、それは海外で病気やお怪我をされた人へ適切な医療アシスタンスを提供するとともに患者様へ安心感を伝えていくことだと思います。

現在はスタッフを指導していく立場ではありますが、メディカルオペレーションではスタッフがチ一ムとなって、より良いサービスが提供出来るよう取り組んでおります。緊急医療搬送を必要とする患者様においては緊急性があるため瞬時の判断力、複数の手配を同時進行に行う必要があり、緊張感、責任感がある反面、チームとなってアシスタンスを提供していく充実感、仕事の達成感を実感することができると思います。

スタッフの年齢層も若く、明るくて若さ溢れる職場であり、先輩のサポートをもらいながら、一歩一歩自分が成長していくことを実感できる職場だと思います。

国際アシスタンスコーディネーター

国際アシスタンスコーディネーター医療コーディネーターとして勤務し、約16年になります。コーディネーターとは、お客様からの電話を直接受け、主に医療に関わったご案内、手配をする仕事です。仕事の範囲は幅広く、病院のご紹介から費用の書類手続き、ご帰国の手配や一刻を争う緊急搬送など、いろいろな場面に遭遇する業務を行います。

海外にいるスタッフとのコミュニケーションはすべて英語ですし、いろいろな国のスタッフやお客様とお話ができるので、とても刺激的であるのと同時に、今で も毎日が勉強・成長の毎日です。時間をあらそうような案件ではチーム全体が緊張感につつまれますが、達成したときの喜びはひとしおです。

病気になったりしたら普通でも心細くなってしまうものだと思います。ましてや言葉や文化も違う異国であれば、なおさら不安が増してしまうことでしょう。そんな方々の不安を少しでも取り除くことができるよう努力しています。

人々のお役にたてることにやりがいを感じます。搬送終了後、「無事着いて本当にホッとしました」の一言を頂いたときが一番うれしいですね。

クライアントサービス

クライアントサービス契約に関わる書類発行および管理や、顧客からのサービスに関するお問い合わせのサポートを行っています。万一の際に必要になる、緊急連絡担当者等の情報などを間違いなく全世界のスタッフが確認でき、順次的確なアシスタンスが行えるように必要な書類を完璧に設定していくことがコアな業務となります。

全世界共通の緊急事態に備えるシステムを運用するため、入社当初は、シンガポール本社でトレーニングを受けました。トレーニングもシステムも全て英語で、はじめはどうなることかと不安でいっぱいでしたが、トレーナーや仲間のおかげで無事トレーニングを終了することができました。今でも彼らには何かと助けてもらうことが多いです。

目に見えないサービスを提供する分、より分かりやすい商品説明や、サービスをより良くお使いいただくように考えるのが仕事です。そのうちの一つ、年数回行われる、お客様向けのセミナーの開催は、最前線の医療事情やセキュリティ情報を取り扱うために、海外から講師を招聘することも多々あります。提供するセミナーは、今、市場(現場)で何が求められているかを的確に判断し、それをリードしサポートするのが私たちがセミナーを開催する目的の一つでもあります。お客様からの反響が大きく、有意義であったというお言葉をいただいたときは、チーム全体で喜びを感じます。

まだまだ日本での歴史は浅いのでやることは沢山あります。手探り状態のところもありますが、その分、沢山の経験をさせてもえます。また、考えに詰まったときには、日本のみならず海外の仲間からアイディアをもらい助けられることも多々あります。

世界中のスタッフと同じ理念のもと一緒に仕事ができる。
成長させてもらえ、貢献できる。そんな魅力がこの会社にあるように思います。

Blog on Duty of Care ~ 海外における企業の安全配慮義務ブログ ~ Duty of Careとは? Blog on Duty of Care Travel Risk Map 2016 国別の医療リスクと渡航リスクを評価した世界地図 日本語が通じるクリニック 中国 インドネシア カンボジア ベトナム ミャンマー