インターナショナルSOSは高品質な医療とトラベルセキュリティのアシスタンスサービスを提供いたします。

ケーススタディ
HOME > ケーススタディ

インターナショナルSOSのアシスタンス事例を紹介します。

エボラウイルス感染の疑いがある医師をオランダへ医療搬送

2名の医師がエボラウイルス患者との接触による感染疑いにより、オランダに医療搬送されることになりました。

パリ同時多発テロ事件の対応

パリにいたメンバーへ必要なアシスタンスサービスの提供、アドバイス、サポート、移動の安全性を確保するエスコートや護衛を行いました。

東日本大震災の対応

アシスタンス、避難、放射能の脅威に関する医療相談アドバイス、総合的な災害情報を発信する日英専用ウェブサイトを提供しました。

コインを誤飲した子供への医療アシスタンス

医療チームの的確な助言とサポートにより、医療水準に不安のある現地で不要な外科手術を受けずに済みました。

渡航中に貴重品(パスポートと財布)を紛失したケース

警察に紛失届けを出す際の通訳をサポートすると同時に現地大使館での面会予約のアレンジも行いました。

12 歳の日本人少年を救出

昏睡状態に陥った少年のために、医療専用機に搬送と、地医療機関の手配、医療チームを派遣しました。

サン・マルタン島からの緊急医療搬送

サン・マルタン島訪問中、心不全を発症された患者様を、医療搬送機をつかい緊急帰国移送いたしました。

アイルランドでの医療支援と帰国移送

アイルランド出張中、脳内出血を発症された患者様を、ご帰国されるまでの医療支援を行った。

エジプト騒乱

エジプト全域での騒乱に際し、
1,250人以上の会員の方の緊急
避難を成功させました。

2011年リビアからの避難

リビアから避難できずにいた
1,500人以上の会員の方の避難
オペレーションを遂行しました。


その他のケーススタディはこちら(英語)>>

Blog on Duty of Care ~ 海外における企業の安全配慮義務ブログ ~ Duty of Careとは? Blog on Duty of Care Travel Risk Map 2016 国別の医療リスクと渡航リスクを評価した世界地図 日本語が通じるクリニック 中国 インドネシア カンボジア ベトナム ミャンマー